人気のある古本買取チェーン店

いくら電子書籍の人気が高まっていても、やはり手に取って本を読むという行為が好きな人は数多く存在します。本の質感や、文字の大きさ、ページをめくるドキドキ感。電子書籍は便利ですが、本にも良いところはたくさんありますよね。しかし、場所をとるのは否めません。次から次へと購入してしまうと、本棚もいっぱいになり、次に購入した本をどうしようかと悩んでしまうものです。本棚の空気を入れ替えるためにも、溜まった書籍を買取ってもらうという選択肢もあることでしょう。人気の古本買取りチェーンとしては、買取り王子やネットオフ・ブックオフ、もったいない本舗、ゲオなどがあげられることが多いようです。地域に根付いた買取店もあるので、一概にいう事はできませんが、全国規模での店舗展開や全国どこでも無料宅配買取りなどを実施しており、買取価格や対応の早さなどが人気の理由となっているようです。大切にしてきた本を、本棚の奥に眠らせておくよりは、欲しいと願っている人の橋渡しになるのであれば、こうした古本買取りチェーンを効率よく利用するのも良いのかもしれませんね。

除籍図書引き取り

ブックオフとは

ブックオフとは全国に店舗を展開する、大手リサイクルショップです。特に本の買取販売に力を入れていますが、それ以外に洋服やスポーツ用品、食器や雑貨、家電製品まで他のリサイクルショップと同様、またはそれ以上の商品の買取販売を行っています。今までは、店舗に商品を持ち込んで買い取ってもらう事が主流だったリサイクル業界ですが、ブックオフでは店舗に持ち込むことはもちろんのこと、店舗で出張を行ってくれたり、宅配での買取など自宅に居ながら買い取ってもらうシステムを採用しています。それぞれのサービスには、地域が限定されたり、買取り数の下限があったりしますが、非常に便利なシステムだという事ができるでしょう。また商品によっては買取価格をあらかじめ検索できるシステムや、欲しい物を検索してブックオフ側が入荷次第購入できるシステムなども、大変好評となっています。一般的なリサイクル商品に加え、付加価値の付きやすい、フィギアやミニカー、プラモデルなどの取り扱いがあり、幅の広い客層に対応しているリサイクルショップの一つだという事ができるでしょう。

ブックオフの口コミ

ブックオフの口コミはおおむね好評なものが多く揃っています。やはり、自宅に居ながら大量の本を処分したい場合は、そのままゴミに出してしまえばお金にならないことはもちろん、自治体によっては処分料がかかることもあるかもしれませんからね。特に、引越の際には送料や手数料、段ボール代金がかからないため、大変便利だと言う声が寄せられています。買取りのシステムが構築されているので、代金の支払いや対応が速いという意見も多く見られます。ただし、購入時に中古品である場合はネットを利用すると、現物を見ずに購入することになるため、説明の内容との違いがあることもあるようです。中古品なのである程度理解して購入をすると思いますが、説明と大きく異なると幻滅してしまいますね。店舗では多くのアルバイトやパートを採用しているので、中には教育が行き届いていないケースも見られますが、こういったところは利用者が大人の対応で切り抜ける場合が多いようです。宅配での買取を求める場合は、廃棄処分になってしまうものもありますが、非常に便利だという声が数多く見られます。

古本市場とは

古本などを買取り販売するチェーン店の一つで、店舗のほかにネットを利用した買取なども行っています。古本をはじめとし、DVDやCD、ゲーム、その他のグッツも取り扱っています。古本市場には姉妹店が複数存在し、それぞれその場所の需要に合わせた店舗が展開されています。店舗数は全国に100以上あり、一部の地域に偏りはみられるものの、広い範囲で認知度の高い古本チェーンだという事ができるでしょう。ゲーム機器などに対して独自の保証システムを提供していたり、店舗によっては金券や格安レンタカーの取り扱いまであります。賢く上手に節約をしていく人たちにとって、非常に嬉しいサービスを提供しているリサイクルショップだと言えるでしょう。一昔前のリサイクルショップといえば、安かろう悪かろう。ちょっと汚くても中古品だからしかたないでしょ。が当たり前だったのですが、最近のリサイクル・中古品は状態に気を使ってある物が多く、そういった買取側の意識の変化が購買意欲を向上させているとも言えるでしょう。限られた資源を有効に活用するためにはこういった市場の活性化は良い傾向なのかもしれませんね。

古本市場の口コミ

特に古本の買取りに強いと言われる古本市場ですが、実際に利用した人たちの口コミ評価としては厳しいものから、好評なものまでさまざまあります。同じ古本市場の看板を掲げている店舗でありながら、店舗ごとに買取り金額が違うといったケースもあるようで、同じ商品なのに買取額が一定でなければ利用者としては困惑してしまいますね。一般的にいくつも店舗を持っているチェーン店であれば、商品ごとの買取額は決めてあり一定であるものです。同じチェーン店で買取額の違いがあるとなっては、商品ではない部分を査定しているのでは?という疑問さえ出てきてしまいます。また、買取り額も他のチェーン店に比べて低めという口コミも多く見られます。つい、近くに店舗があるからという理由で利用して、損をしてしまう場合もあるという事なのです。買取り額が低めなのに対して、査定は厳しい傾向があり、値段が付かないものも目につくようです。実際、どんな古本買取り店でも買取りができない、日焼けした本や傷んだ本などは存在します。それでも、買取額が低くて査定も厳しいのでは、利用するときに少し考えてしまう理由になってしまいますね。

ネットオフとは

創業の経緯としてはブックオフの系列で舌が、実際にはツタヤなどを運営している会社の傘下となっている。ネット上で買取り販売を行っていて、とにかく利用しやすい商売形態であるのが特徴だと言えるでしょう。2012年にはインターネットを利用して世界で一番中古本を販売したとして、ギネスに記録されているくらい、中本の市場では大手の存在であります。販売の取り扱いは、書籍に加えてCDやDVD・ブルーレイ、ゲームソフトに限定していて、販売と同時に買取も行っています。便利な宅配買取のシステムもあり、大量に本を買取ってもらいたい場合や、店舗に出向く時間がない人にとっては非常に便利な存在です。買取りに関しては書籍やゲームに限らず、ブランド物や勤、プラチナといった貴金属、携帯電話やフィギア、ゴルフ用品まで扱っています。ネットを利用することで、手軽にかつ簡単に中古書籍の売却と購入が出来るのが魅力ですね。ネットオフの中古販売ページでは、コミックセットという項目が用意されていて、気になるコミックを全巻大人買いしたい時に一発で検索できるのが嬉しいですね。

ネットオフの口コミ

ネットオフの口コミは、商品を購入する際には好評、商品を売却する際には不評といった傾向が強いようです。商品を購入する際には、取り扱っている書籍の多さから、どこの古本屋を探しても見つからない本や、手に入れることをあきらめかけていた本を探し出すことができた。という意見や、商品発送は早くすぐに手もとに届いたと言う口コミが寄せらてています。ただ、商品の状態が説明してあった感じと大きく異なったなど、中古品であるが故の評価も少なくありませんでした。一方、買取りに関しては非常に厳しい意見が数多く寄せられています。とにかく、買取額が低い。査定が厳しい。送料は無料だが、結局本代が送料に回っている気がする。25%買取り額アップと謳っていても、査定額が低すぎて得した感じが全くない。そういった意見が目につきます。宅配買取に関する段ボールや送料の費用は掛からなくても、肝心の買取り本を二束三文で買い取られてしまっては、得したようには感じられませんね。買取り額に満足できずに返品を求める場合は、送料は自己負担になるため後悔してしまった利用者も数多く存在するようです。買取りには気を付けた方が良さそうですね。